Photoshopでデジタルアートを作る | 手描きの絵が苦手でも作家になるチャンスはある

デジタルアート

「水彩画やアクリルアートを始めたいけど昔から絵を書くのが苦手」

と言って、画家になるのをあきらめる人は多い。

だけど今は、絵が描けなくても画家になることができる時代。

そう言ってしまうと活躍している画家に怒られてしまうけど、実際、絵の苦手な人でもアーティストとして活動をしている人はたくさんいる。

つまり、パソコンやタブレットで描く(制作する)デジタルアート作家だ。

「デジタルアート」と言っても幅が広いので、ここで話す「デジタルアート」は、画像編集ソフトとして使われているAdobeのPhotoshop(フォトショップ)こと。

実は僕も、Photoshopを使ったデジタルアート作家として活動をしている。

今回は、画家を目指したくても手描きの絵が描けないから諦めようとしているあなたへ、今の時代に合ったデジタルアートについて話したいと思う。

https://artryo.com/digitalart/wp-content/uploads/2023/04/artryo-hukidashi01.jpg
リョウ

デジタルアートも立派なアート作品で、作品の価値を高める方法はいくらでもありますよ。

デジタルアートって何?

デジタルアートとは、パソコンやタブレットなどを使用して作る今の時代に合ったアート作品のこと。

デジタルアートと聞くと、有名映像会社のVR(ヴァーチャル・リアリティ)AR(拡張現実)の技術を使った、映像系アートを思い浮かべるだろう。

だけどここで話すデジタルアートは、画像編集ソフトPhotoshopでつくる静止画のアート作品である。

このPhotoshopを使ったアートの呼びかたにもいろいろあって、次のように呼ばれている。

  • デジタル絵画
  • デジタルイラスト
  • グラフィックアート
  • コラージュアート

デジタルアートは、イラスト、ドット作品、合成作品、3D作品など、デジタルアートの中でも色々なジャンルがあり、作家によってその世界観が違うところに魅力を感じる。

ちなみに僕のデジタルアートは、僕自身が一眼レフで撮影したモデルや風景の写真を、Photoshopを使って幻想的で非現実的な世界を表現したもの。

デジタルアート 画家

そのデジタルアートに使う素材(写真)は、人物だったり、風景だったり、椅子だったり、時計だったり。

デジタルアート ジークレー版画

時には写真を撮り歩いていて、その時に心が揺さぶられた風景を写真に撮って、その写真にワンポイントプラスしてデジタルアートを作ることもある。

例えば、下記の「静寂な世界」のような作品。

このデジタルアートが生まれたストーリーを語っている記事があるので、興味があれば覗いてみてほしい。

僕が作るデジタルアートは全て「Photoshop」を使っていて、2023年のAIの進化もあって「Photoshop × AI」を掛け合わせたデジタルアートを作ることにした。

最近ではAI機能が搭載されたRAW現像ソフトもあり、ワンクリックで被写体を切り抜いてくれたり、ホコリ除去ができる「Luminar Neo(ルミナーネオ)」と言うソフトも人気がある。

そう考えると、昔に比べてデジタルアートを始めやすくなってきたのではないだろうか。

今後、伸びてくるデジタルアート市場

現在の日本では約60万人の芸術家・クリエイターがいると言われている。

そこから考えると、デジタルアート作家はまだ少ない方だろう。

今はまだ数少ないデジタルアートだが、今のうちからデジタルアートを始めることが知名度を上げるチャンスでもある。

なぜなら、NFTアートの需要がどんどん高まってきているからだ。

デジタルアートの価値があがる「NFTアート」

デジタルアート作家が増えてきた理由の一つに、NFTアート※)に興味をもつ人が増えたこともある。

NFTアートとは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」で、いわゆる、代替えできないデジタルデータで、一点物の価値があるデジタルアートを作ることができると言うことである。

※NTFアートについては、詳しく解説している動画をYouTubeで見つけたので、興味があればそちらを参考に見てほしい。



実際に僕もNFTアートを始めたが、これが少し複雑で仕組みを作ったまでは良かったが運営が難しく、しばらく放置状態だった。

だけど2023年に、あるキッカケからNFTアートを再開することを決めた。

ちなみに、現在僕がデジタルアートを売買するために使っているマーケットプレイスが「OpenSea」である。

まだ作品は少ないが、2024年からNFT化したデジタルアートを出品することにした。

日本では「NFTは詐欺だ」と言われることもあるが、世界に認知されているマーケットプレイスを使えば、安心してNFTの売買ができる。

子供の表現力がデジタルアートの可能性を広げる

デジタルアートやNFTアートで稼ぐには、作品のアイデアを広げることも重要になってくる。

とくに今の時代は、デジタルに慣れている子供たちの表現力は凄まじく広がっていて、クリエイターも参考にすることも多い。

最近の子供は、YouTube、TikTok、instagram、アニメ、映画などを見て、芸術的感覚が鋭くなっている。

なんせ、日常過ごしている環境が昔と比べてデジタルに触れることが日常のようになってきているからだ。

あなたは、そんな子供の表現力やアイデアを押さえつけていないだろうか?

子どもの頃から芸術に触れるということとても大事なことで、表現力、発想力の向上、ブランディング、お金の管理についても学ぶことができる

しかも義務教育では教えてもらえないことを、オンライン教室なら教えてもらうことができる時代。

オンライン教室で芸術に触れる価値については、下記の記事で詳しく話しているので、ぜひ読んでみてほしい。

デジタルアートを制作するメリット

ちょっと脱線してしまったので、話を戻して。

デジタルアートを制作するのにはメリットもある。

デジタルアートをつくることで、版画(複製画)の制作を効率化することができる。

例えば手描きキャンバスの版画を作る場合、「ジークレー」という最高品質の印刷技術を取り扱っている業者にキャンバスを発送し、キャンバスをスキャンして版画を作ることになる。

発送する期間、印刷業者がスキャンする手間、原画を返却する手間が掛かる。

だけどデジタルアートの場合、完成させたデジタルデータを『.jpg』や『.png』形式で保存し、そのデータをジークレー印刷業社のサイトにアップロード(送信)するだけでいい。

発送の手間も掛からないし、印刷業側でスキャンする必要も、原画を返却する必要もない。

つまり、ジークレー版画を作るための作業効率も良くなって、空いた時間を活用して新作やブランディングなどに集中できる。

ジークレー版画について詳しく書いた記事もあるので、そちらも読んでみてほしい。

他にも作品集をつくる場合も、スキャンや撮影してデータ化しなくても、保存したデータをサイトへアップロードすれば効率よく作品集をつくることもできる。

これを全て「Photoshop」を使えば、注文から納品までを全てオンラインでやりとりができる。

Photoshop(フォトショップ)とは

ここで少し「Photoshop」についてお話ししておこう。

Photoshop(フォトショップ)とは、Adobe社が販売している写真を加工したり合成したりグラフィックデザイナーがデザイン制作をするときに使用する定番の画像編集ソフト。

デザイナー、写真家、イラストレーターなど、クリエイティブな仕事に関わっている人にとって、Adobe社のPhotoshopは必須のツールと言える。

Photoshopには『PhotoshopCC』と『Photoshop Elements』2つのバージョンがあるが、2つのPhotoshopの違いについては、下記の記事で詳しく話しているのでそちらを読んでほしい。

Photoshopでデジタルアートをつくる

フトショップ デジタルアート

デザイナー、写真家をしている人なら使ったことがある「Photoshop」。

デザイン制作や写真のレタッチとはまた違った使い方になるが、操作に慣れているなら作り方はそこまで難しくないだろう。

ということで、僕がどのような流れでデジタルアートを制作しているのかを解説していきたい。

デジタルアート制作の主な流れ

僕がデジタルアートを制作する主な流れは、次のような感じになっている。

  1. デジタルアートの素材となる写真を撮影する
  2. 撮影した写真から必要な素材をPhotoshopで切り抜く
  3. 背景になる写真をPhotoshopで開いて素材を配置していく
  4. 幻想的になるように「光と影」をつけていく
  5. ひとつの世界として「色補正」や「質感」を調整して馴染ませる
  6. ジークレー版画で完成させる

それでは、1つずつ見ていくことにしよう。

デジタルアートの素材となる写真を撮影する

僕は現在、写真家としても活動をしているので、自分自身で風景、建物、小物、人物などを撮影することが多い。

もちろん肖像権の問題などもあるので、人物を使うときはモデルに許可を取ったり、風景写真を使うときは場所が特定できないように撮影をする。

僕が作るデジタルアートには2パターンあって、撮影した写真のまま少しだけデザインした作品、色々な素材を合成して作る作品。

撮影した写真のまま少しだけデザインした作品にしたものがこちら。

色々な素材を合成して作った作品がこちら。

ここでは後者のデジタルアートの作り方を解説していくことにする。

撮影した写真から必要な素材をPhotoshopで切り抜く

撮影した写真をそのまま使うのではなく、必要な部分だけをPhotoshopで切り抜いていく。

この切り抜きの作業がとても重要な部分になる。

切り抜きが荒くなると不自然な合成になってしまうので、できるだけ丁寧に切り抜いていく。とくに難しいのが「髪の毛の切り抜き」だ。

だけど最近のPhotoshopは、自動で髪の毛を切り抜いてくれる機能も追加されているので、以前ほど時間が掛かることはない。

例えば、下記の画像のように背景を切り抜いて人物だけの素材をつくる。

【元の写真】

【背景を切り抜いた写真】

背景になる写真をPhotoshopで開いて素材を配置していく

そして次に元(ベース)になる背景の上に、切り抜いた素材をどんどん配置していく。

ここではまず、ラフに配置してバランスを見ることをメインにして、あとで微調整をすればいい。

【背景にする写真】

【素材をラフに重ねていく】

素材を配置していくと「なんか違うなぁ、、、」と思うことが出てくるので、イメージに合うように素材を少しずつずらしながら全体のバランスを整えていく。

ある程度配置が決まったら、次は素材に「光と影」をつけていく。

幻想的になるように「光と影」をつけていく

ある程度、素材の配置が決まったら、素材にリアリティーを出すために「光と影」をつけていく。

【光と影を調整する】

できる限り自然界の光に近い「やわらかな光」を意識するといいだろう。

ひとつの世界として「色補正」や「質感」を調整して馴染ませる

上記の写真ではまだ全体が馴染んでいないので、明るさ、コントラスト、色温度を調整していく。

【微調整後】

コントラストを調整することで作品の全体が馴染んで、、絵画のような質感になる。

僕はこのようにいてデジタルアートを完成させていく。

ジークレー版画で完成させる

せっかくデジタルで作ったアートが、印刷の工程で色が変わってしまうと台無しになってしまう。

そこで、デジタルの色を再現してくれるのが「ジークレー版画」である。

RGBのインクで吹き付ける最高品質の印刷技術を取り入れている印刷業者へ発注して「ジークレー版画」で完成させること。

それもあえて複製せずに、世界で1点しかない作品にすることである。

そうすることで「複製されやすいから価値が低い」という思い込みをなくし、特別な作品として感じてもらうことができる。

デジタルアートの価値を上げる方法

デジタルアートの価値を上げる方法は、自分にしかつくれない世界をデジタルアートでつくり、そこにこ「だわり」をもつこと。

これはデジタルアート に限ったことではないく、絵を描く画家にとっても同じことがいえるだろう。

たとえば、僕がつくるデジタルアートのこだわりは、

「もし自分がこの世界に存在したらその世界をどう感じるだろう?」

といったことを想像してもらいやすくするために、イスを素材に使うことが多い。

椅子をデジタルアートに使う理由は、

「あなたがそこのイスに座っている姿を想像してみてください、あなたはその世界をどのように感じますか?」

ということを伝えたいからである。

僕の作品の説明は、抽象的な言葉でしめくくるアート作品が多く、こちらのデジタルアート作品もその1つ。

▼タイトル▼
「主の肖像画、夢想の光の中」

▼作品説明▼
仕事に疲れたり苛立ちを感じたりすることはありますか?時にはイスに座って現実を離れ幻想的な世界(夢)を想像してみてください。あなたが想像する世界はあなたが望んでいる世界。その世界をつくり上げるのはあなた自身なのかもしれません。

このように、見ている人にその世界の感じ方をゆだねて、今の自分がどんな心境なのかを想像してもらうために、誰も座っていないイスをアート作品の中に入れている。

見る人によってその世界が、素晴らしい世界に見えたり、寂しい世界に見えたり、見る人の心の中の感情を見つめ直せるアート作品になってほしいという想いをこめている。

最後に

作品をどのように表現するか、どのような世界観をデジタルの中で描いていくのか、そう考えると質感の違いはあるものの、表現方法なら水彩画や水墨画と同じである。

自分の世界観を主張できる作品を、どのように作品に落とし込むかがポイントになるだろう。

今の時代は手描きの絵が描けなくても、Photoshopのような画像編集ソフトを使って芸術家に進む道もある。

アート作家×写真家リョウ

アート作家×写真家リョウ

1974年生まれ。大阪出身。現在は京都府宇治市でアート作家×写真家の活動をしています。Photoshopで制作するデジタルアート制作、ストーリー性を感じる人物写真、風景写真、雨の日写真の撮影をしています。2018年に京都で個展を開催。2019年に横浜赤レンガ倉庫でのグループ展に参加。2021年に奈良のクリエイターイベントに参加。現在はAI生成NFTアートを出品したり、芸術家のための理想の芸術生活の過ごし方をブログで発信中。

注目記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート作家×写真家リョウ

アート作家×写真家リョウ

1974年生まれ。大阪出身。現在は京都府宇治市でアート作家×写真家の活動をしています。Photoshopで制作するデジタルアート制作、ストーリー性を感じる人物写真、風景写真、雨の日写真の撮影をしています。2018年に京都で個展を開催。2019年に横浜赤レンガ倉庫でのグループ展に参加。2021年に奈良のクリエイターイベントに参加。現在はAI生成NFTアートを出品したり、芸術家のための理想の芸術生活の過ごし方をブログで発信中。

人気のある記事

  1. 1

    ストックフォト販売を始めてみた感想と、現在の状況を思いきって公開します!

  2. 2

    新時代のSNS「Lemon8」の厳選クリエイターになる方法

  3. 3

    「雨の日が好きになった」嫌いな雨の日を楽しく過ごす方法

  4. 4

    一眼レフの修理 | カメラのキタムラに修理に出したら丁寧に対応してくれた

  5. 5

    500pxとは? | 世界ハイレベルな写真が集まる写真公開サイトで写真の技術を身につける。

  6. 6

    面白いだまし絵。家族で一緒に楽しめるトリックアートの施設を紹介。

  7. 7

    ユニクロでオリジナルTシャツが作れる。実際に出品してみた感想を公開

  8. 8

    一眼レフの中古って正直どうなの?カメラのキタムラで中古カメラを購入した感想を公開

当ブログWordPressテーマ

最近の記事

  1. 京都国立博物館へ行った感想と芸術活動のアイデア探し

  2. ドリームキラーに惑わされるな!芸術家への夢をつぶす人の心理を理解して回避する方法。

  3. 自分の知らない情報をインプットするために人に会うことは大切だ

TOP