面白いだまし絵。家族で一緒に楽しめるトリックアートの施設を紹介。

気になる話

「僕にはこんな感じに見える」
「絵が飛びだして見える」

人によって見え方が違ったり、見えないものがだんだん見えてきたり。

そんな、人の目の錯覚を利用した不思議で楽しいアート、それが『だまし絵(トリックアート)』である。

今回は、人の目の錯覚を利用した「だまし絵」を体感できる施設を紹介したいと思う。

今では家族や恋人と行く人も増えていて、「今年の旅行はどこに行こうか?」と悩んだ時は、非現実的な世界が体感できる「だまし絵の旅」もオススメだ。

目の錯覚を利用した「だまし絵」

だまし絵は、人の目の錯覚を利用して立体に見えたり角度によって違ったモノに見えたりする、不思議な絵。

日本でも「だまし絵」が体感できる施設があり、絵の中に入って不思議な写真を撮ることもできる。

他にも、部屋の中を真っ直ぐに歩けなかったり、なぜか階段を登ることができない不思議なコーナーを設けている施設もある。

今話題のTikTok(ティックトック)でも、だまし絵の楽しさを投稿している人が多い。

下記のTikTokのアカウントの投稿を見ると、だまし絵やトリックアートの楽しさがイメージできるだろう。

@kubo_tabi 行ってみたい人は「謎スポットで遊びたい!」ってコメントしてね🙌こちらは和歌山県にある「白浜エネルギーランド」です🎡#おすすめスポット #歌山 #ートスポット ♬ エジソン (version 1) – 水曜日のカンパネラ

こちらの施設は、あとで紹介する『白浜エネルギーランド』。

『白浜エネルギーランド』は僕も実際に何度か行ったことがある施設で、本当に不思議で楽しい。

現在僕は、京都府宇治市で「アート作家×写真家」として活動をしていて、だまし絵のようなデジタルアートをつくったことがあるがある。

僕なりに想像して作った「だまし絵」風のデジタルアートがこちら。

僕が制作しただまし絵的なデジタルアート1

180°回転させると見え方が変わる、だまし絵のようなデジタルアート。

僕が制作しただまし絵的なデジタルアート2

さらに次の作品も、美術の教科書で見たことがあるのではないだろうか。

シルエットで向き合う人の中央に、花瓶のような形が見える。

こちらも僕がつくった、だまし絵風のデジタルアートである。

シルエットで向き合う人と花瓶のだまし絵的なデジタルアート

ちなみに「デジタルアート」とは、Adobe社が販売している画像編集アプリのPhotoshopでつくるアートのこと。

最近では、子どもにイラストを習わせる家族が増えていて、芸術に触れることで発想力を上げたり、お金の管理について学べるオンライン教室もある。

表現できる子どもに育つには、芸術に触れさせる環境もとても効果的である。

https://artryo.com/digitalart/wp-content/uploads/2023/04/artryo-hukidashi01.jpg
運営者リョウ

下記ではオンラインイラスト教室について書いているので、そちらもぜひ読んでみてください。

6つの「だまし絵」を紹介

ではここから、人の目の錯覚を利用した有名な「だまし絵」を6点ほど紹介しようと思う。

あなたも「この絵どこかで見たことがある!」と言う作品が出てくるかもしれないので、楽しんで見てほしい。

だまし絵①「上から?下から?」


引用 : https://www.wikiart.org/en/m-c-escher/waterfall

だまし絵の代表作といえば、『マウリッツ・エッシャー』が描いた作品ではないだろうか。

この「だまし絵」の不思議なところは、水の流れ方とその建物の構造である。

水の流れを見ていて、どこか違和感を感じないだろうか。

滝は普通に水が下に落ちているのに、溝の流れは下から上に向かって流れているように見える。

このように、エッシャーは人の目の錯覚を利用して不思議な空間を描くのが得意だったようだ。

実際にこのような建物があるなら、ぜひ行ってみたい。

だまし絵②「老婆と貴婦人」


引用 : http://trickart.seesaa.net/article/288420156.html

この「だまし絵」も有名な作品で、美術の教科書で見たことがないだろうか。

この「だまし絵」は、1枚の絵の中に2人の女性が描かれている

1人は帽子を被って遠くを向いている、若い女性。

もう1人は、シワだらけの老婆(魔女)の横顔。

この「だまし絵」には、色々なタイトルが付けられている。

  • 老婆と貴婦人
  • 若い女性と老婆
  • 娘と老婆

見る人によって、その人物の印象も違うようだ。

もしかするとタイトル自体も「だまし絵」の特徴で、見る人の感性を刺激している作品なのかもしれない。

だまし絵③「何かが隠れている不思議な風景画」

この作品の中に描かれている風景を、目を凝らしてよく見てほしい。

ただの風景画に見えるが、この絵のどこかに人物が描かれている

「岩に座っている人?」
「ヨットに乗っている人?」

そうではなくもっと全体を見ていると、人の顔が浮かんでこないだろうか。

そう、フレームいっぱいに描かれた女性の横顔だ。

えっ、まだ見えない!?

なら、次のように意識して見てほしい。

  • 雲が女性の髪の毛
  • 鳥の群れが女性の目元
  • 岩の形が女性の輪郭

ポイントだけを見ようとせず、少し引いて全体を見るとその姿が見えてくる。

物事も同じで、ポイントだけを見ているとアイデアが浮かばないが、全体をみると面白いアイデアが浮かんでくる。

まるで、人生の教訓のような「だまし絵」だ。

だまし絵④「おじさんは何人いる?」


引用 : http://gazou.genin.jp/damasi/013.htm

こちらの作品も有名な「だまし絵」なので、あなたも知っているだろう。

馬に乗ってヤリを持っている兵士と、風車が描かれている。

だけどよく見ると、その中に何人ものおじさんが描かれている。

いちばん最初に目がいくのが、バストアップ(胸から上)の老人。

風車が髪の毛で、2人の騎士の顔の部分が老人のまゆげで、2人の騎士の首の部分が老人の目に見えてこないだろうか。

この作品も、人の目の錯覚を利用した面白い「だまし絵」だ。

だまし絵⑤「不思議な部屋」


引用 : http://gazou.genin.jp/damasi/002.htm

そしてとても不思議なこちらの作品。

この絵のように重力を無視した建物を、実際につくれるのではないかと思ってしまうほど違和感がない。

この絵の不思議なところは、方向性という概念をなくしているにも関わらず、違和感を感じないところ。

もちろん地球には重力というものがあるので、実際にこの建物がつくれたとしても、そこを歩くことはできないだろう。

もしこの絵のような空間が実現できるなら、僕は行ってみたい。

だまし絵⑥「よく見ると不思議な柱」


引用 : http://gazou.genin.jp/damasi/001.htm

こちらも先程と同じように、建物の構造を無視した「だまし絵」。

一瞬、素晴らしいデザインのつくりをした建物に見える。

だけどよく見てみると、それぞれの階が違う方を向いている

柱も奥にある柱なのか手前にある柱なのか、頭の中が爆発してしまいそうな「だまし絵」だ。

この作品を描いた画家は『マウリッツ・エッシャー』。

「だまし絵①」の項目で紹介した作品のように、不思議な空間を数学的につくりだすのが得意のようだ。

だまし絵(トリックアート)を体感できる3つの施設

では人の目の錯覚を利用した、不思議で面白い「だまし絵」を体感できる施設を3つ紹介しよう。

実際に僕も行ったことがある場所もあり、知人から「ここは面白いからオススメ」と言われた場所もあるので、ぜひ旅行の候補にしてはいかがだろうか。

和歌山県『白浜エネルギーランド』


引用元 : 『白浜エネルギーランド』より

関西で「だまし絵(トリックアート)」を体感できる施設といえば、和歌山の白浜エネルギーランドが有名だ。

冒頭の『目の錯覚を利用した「トリックアート」』の項目でも紹介したTikTok。

そこがまさに「白浜エネルギーランド」である。

僕も実際に行って体感したことがあるが、本当にまっすぐに歩けない不思議な空間だった。

白浜エネルギーランドの館内には、

  • 驚き映像エリア
  • 不思議な森エリア
  • 体感迷宮エリア

の3つのエリアがある。

人の目の錯覚や感覚をあやつるミステリアスな空間や、みんなで笑えるトリックアートハウスもあるので、子供も大人も一緒に楽しむことができるだろう。

入場料

  • 大人(高校生以上)・ ・・2,000円
  • シニア(60歳以上)・・ 1,800円
  • 小中学生・・・・・・・ ・1,400円
  • 幼児(3歳以上)・・・・・ 600円
  • 障害者割引 : 基本料金の半額

日本初上陸、体感型アトラクション

その他にも、関西初上陸の『4D+VR』の体感アトラクションが2022年6月18日にオープンした。

映画館でも人気がある4Dモーションシートに座って、その上さらにVRゴーグルを装着することで、360度の大迫力の世界を体感できるみたいだ。

僕はまだ『4D+VR』のアトラクションを体感していないが、ぜひ行ってみたいと思う。

もし体感した人がいるなら、僕のTwitter(@risotekiartlife)をメンションして、感想を聞かせてほしい。

旅行の参考にさせてもらうので。

  • オープン日 / 2022年 6月 18日
  • 場 所 / 売店奥イベントスペース
  • 仕 様 / 4Dモーションシート8台、VRゴーグル Pico G2 4K
  • 料 金 / 1タイトル1プレイ 500円

※上記情報は、2022年6月時点のものです。

静岡県『熱海トリックアート迷宮感』


引用元 : 『熱海トリックアート迷宮館』より

自分がトリックアートの作品に入って写真が撮影できる施設が熱海にある。

トリックアートを体感すると、感覚がどんどんおかしくなってくる。

そんな不思議な感覚を楽しめるのも、熱海トリックアート迷宮館の面白いところだろう。

入場料

  • 大人・・・・ 1,000円
  • 小中学生・・・550円
  • 4〜6歳・・・400円
障害者割引

  • 大人・・・・ ・500円
  • 小中学生・・ ・300円
  • 4〜6歳・・・ 200円

※上記情報は、2022年6月時点のものです。

栃木『那須とりっくあーとぴあ』

栃木県にある「那須とりっくあーとぴあ」も有名で、トリックアートが体感できる施設である。

日本最大級とも言われている、トリックアートを体感できる「那須とりっくあーとぴあ」。

そこは、屋内型のテーマパークになっていて、そこへ入ると本当に不思議な世界に訪れた感覚になってしまうらしい。

ここでも人の錯覚を利用したいろいろな仕掛けがあって、楽しむことができると話題だ。

2022年3月19日には、トリックアートの館がリニューアルオープンしたとのこと。

大人が子供のころの気持ちに帰れて、久しぶりに会う人や家族との会話を楽しむための空間がある。

今の時代だからこそ、そんな大切にしたい空間をトリックアートを通して楽しんでみてはどうだろうか。

入場料

  • 大人・・・・・・ 1,300円
  • 4歳〜中学生・・・ 800円

※上記情報は、2022年6月時点のものです。

思い出に残すなら一眼レフ

「だまし絵(トリックアート)」は、家族、恋人、仲間と一緒に見て、それぞれ感じたことを言い合う楽しさがある。

SNSに投稿すればその楽しさが伝わって、同じ趣味を持つもの同士で繋がりをつくることもできるだろう。

さらに旅行を楽しむなら、スマホではなく一眼レフで残しておきたいもの。

いくらスマホのカメラ機能が進化したからといっても、一眼レフはスマホとは違って撮影の自由度は遥かに高い。

恋人と行くなら背景をぼかしたおしゃれな写真を撮って、お互いの部屋に飾ることもできる。


画像引用元 : PAKUTASO

旅先ではしゃぐ、かわいい子供の写真を撮ることもできるだろう。


画像引用元 : PAKUTASO

このような写真はスマートフォンの内蔵レンズでは撮ることができず、

「もっとおしゃれに撮りたかった」

と思うこともけっこう多い。

とくに最近は一眼レフを持つ人も増えて、写真をコレクションにしている人もいる。

ただ、一眼レフは「高額で自分には手が届かない」と思う人も多く、購入を諦めることもあるだろう。

そこでオススメなのが、一眼レフの中古サイトを活用した購入方法である。

僕も中古の一眼レフを購入したことがあるので、その時の感想を下記の記事でくわしく話している。

そちらの記事を参考にして、中古の一眼レフの購入も視野に入れてみてはどうだろうか。

最後に

芸術に触れると視野が広がって、どんどん新しいアイデアが浮かんでくる。

「だまし絵(トリックアート)」も同じだが、アート作品を見る時は、次のように意識してアート作品を見てほしい。

「この画家はなぜこの作品をつくったのだろう?」
「この作品が伝えたいことはなんだろう?」
「なぜこの色使いになったんだろう?」

そうやって目の前にある作品の裏の情景を想像することで視野が広がり、日常生活に価値を感じることができる。

芸術は単なるインパクトを感じるものではなく、人々の心にゆとりを与えて、精神的な回復を促す効果もある。

子どもの頃から芸術に触れていると、将来クリエイティブな子どもに育って、有名な芸術家になるかも知れない。

アート作家×写真家リョウ

アート作家×写真家リョウ

1974年生まれ。大阪出身。現在は京都府宇治市でアート作家×写真家の活動をしています。Photoshopで制作するデジタルアート制作、ストーリー性を感じる人物写真、風景写真、雨の日写真の撮影をしています。2018年に京都で個展を開催。2019年に横浜赤レンガ倉庫でのグループ展に参加。2021年に奈良のクリエイターイベントに参加。現在はAI生成NFTアートを出品したり、芸術家のための理想の芸術生活の過ごし方をブログで発信中。

注目記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート作家×写真家リョウ

アート作家×写真家リョウ

1974年生まれ。大阪出身。現在は京都府宇治市でアート作家×写真家の活動をしています。Photoshopで制作するデジタルアート制作、ストーリー性を感じる人物写真、風景写真、雨の日写真の撮影をしています。2018年に京都で個展を開催。2019年に横浜赤レンガ倉庫でのグループ展に参加。2021年に奈良のクリエイターイベントに参加。現在はAI生成NFTアートを出品したり、芸術家のための理想の芸術生活の過ごし方をブログで発信中。

人気のある記事

  1. 1

    ストックフォト販売を始めてみた感想と、現在の状況を思いきって公開します!

  2. 2

    新時代のSNS「Lemon8」の厳選クリエイターになる方法

  3. 3

    「雨の日が好きになった」嫌いな雨の日を楽しく過ごす方法

  4. 4

    一眼レフの修理 | カメラのキタムラに修理に出したら丁寧に対応してくれた

  5. 5

    500pxとは? | 世界ハイレベルな写真が集まる写真公開サイトで写真の技術を身につける。

  6. 6

    面白いだまし絵。家族で一緒に楽しめるトリックアートの施設を紹介。

  7. 7

    ユニクロでオリジナルTシャツが作れる。実際に出品してみた感想を公開

  8. 8

    一眼レフの中古って正直どうなの?カメラのキタムラで中古カメラを購入した感想を公開

当ブログWordPressテーマ

最近の記事

  1. 京都国立博物館へ行った感想と芸術活動のアイデア探し

  2. ドリームキラーに惑わされるな!芸術家への夢をつぶす人の心理を理解して回避する方法。

  3. 自分の知らない情報をインプットするために人に会うことは大切だ

TOP