自分らしく自由に理想の人生を歩く理想的芸術生活とは?

気になる話

この『理想的芸術生活ブログ』の運営を始めて約3年が経つ。だけど自分が目指している理想的芸術生活ブログにするには、まだまだ成長をさせていかなければならない。

なぜかと言うと、自分と同じように自由な理想の人生を歩くために必要な情報を発信し続けなければいけないからである

今回の記事では、自分自身でも理想的芸術生活ブログの目的を再認識するために、改めてこのブログについて話そうと思う。

理想的芸術生活とは

自由 理想 人生 芸術

そもそも『理想的芸術生活』とはどう言う意味なのかを説明しておこう。

『理想的芸術生活』とは、芸術に触れることで視野を広げることができるため、心にゆとりを持てて豊かな生活を過ごすことができる、と言った情報を発信しているブログである

僕は元々デジタルアート制作の活動だけをしていたが、今ほど活動の幅が広がっていなかった。

デジタルアートを制作することで視野が広がって、今までにないアイデアがどんどん浮かんでくるようになった。

その感覚を身近に感じてもらいたくて、理想的芸術生活ブログを立ち上げ、芸術に触れる魅力について発信していくことにした。

そして、理想的芸術生活ブログの執筆を続けていたことでいろいろなつながりができ、写真家としての活動を始めることもできた。

時代の変化に対応する芸術家になる

始めは、デジタルアート活動のイベントや新作の告知などを主に発信していく予定だった。

だけど、新型コロナウイルス感染症という見えないウイルスの発生によって、デジタルアートだけで生活をしていくことが困難になってきた。

そもそもアート制作だけで生活をしていくことは難しく、収益に繋げるための仕組みを構築しなければいけないのである。

そこで僕は自分の好きなことをするために、どこにいても収益に繋げる方法についての知識を学ぶことにした。

  • ブランディング
  • 文章ライティング
  • 販売の知識
  • SEOの知識
  • 人の心理
  • 効果的にSNSを活用する方法
  • DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
  • リストマーケティング

しかし当時の僕にはどの知識も持っていなく、ただアート作品を売ることしか頭になかった。

そのためにアート作品が購入されないことに悩み、どんどんストレスを抱えていったのである。

「もっと自分らしくストレスなく始めれるものはないのか?」

そう考えていると、ある1つの仕組みについての情報を知ることができた。

それが『理想の芸術人生に繋げる仕組み』というものだった。

この仕組みさえ構築しておけば、どんな困難なことも乗り越えることができる。

世界が不況だと言われていても、それを乗り越えるのは自分自身。

こうして僕は、画家×写真家として自分らしく理想の芸術生活を過ごすことを決めた。

どこにいても収益につながる仕組み

「どこにいても収益に繋がる仕組み」

これだけを聞くと、とても怪しい仕事のように聞こえてしまうだろう。

僕が興味を持った『どこにいても収益に繋がる仕組み』は、

  • 分析する力
  • 努力する力
  • 継続する力

がなければ実現することはできないもの。

どんな仕事でも同じことが言えるが、そんな簡単に収益に繋げれるものなんて世の中に存在しない。

もちろん『仕組み』を構築することはできる。

僕が言いたいことは、仕組みができるまでは相当な『努力』が必要だし、仕組みができたとしても『続ける力』が必要になる

さらに、これからの時代の変化によってその仕組みについて見直すために『分析の力』も必要だ。

好きなことをするために資金を稼ぐ

 

こんなことを言う人がいる。

「好きなことを仕事にしたい」

と、だけど気持ちだけでは理想の人生を歩くことなんてできるはずがない。

ただ少し考え方を変えるだけで、理想の人生を実現させることはできる。

それは、好きなことを仕事にする方法を身につけるのではなく、好きなことをするために資金を稼ぐ方法を知ることである

僕は現在、アート制作と表現力のあるモデルの方の写真を撮影する写真活動をしている。

だけど、それだけで収益に繋げようとは考えていない。

もちろん作品をつくる目的は、少しでもたくさんの人に自分の作品を知ってもらったり、作品を購入してもらうことではあるが、安定的に稼げる方法ではないと思っている。

例えば、自分の作品が何千万や何億という価値が付くのなら話は別だ。

今の現状を考えてみると、良くて1年で数万円稼げるのがやっとである。

『好きなことを仕事にする』

のではなく、

『好きなことをするために稼ぐ仕組みを構築する』

と言う考え方を持つことが、未来への成功につなげる方法なのである。

最後に

新型コロナ感染症で経済が悪化している今の世の中で生きていくには、その時代の流れに対応できる仕事が必要になってくる。

その方法が『どこにいても収益に繋げる方法』であるが間違えて欲しくないことは、好きなことを仕事にするのではなく好きなことをするために稼ぐ仕組みを構築することである

どこにいても仕事ができる環境が整えば、自由に過ごせる時間を手に入れることができる。

その時間を使って、好きなアート作品制作に集中することもできる。

時間にゆとりが出てくると、心にもゆとりを持てることができる。

心にゆとりが持てるると、ストレスを抱えずに毎日を楽しく過ごすことができる。

これが『理想的芸術生活』が提案する、芸術人生計画(クリエイティブライフ)と言うもの。

自分らしく理想の人生を過ごせるなら、『分析する力』も『努力する力』も『継続する力』を身につける時間は無駄になることはない。

もっとシンプルに考えれば、何が必要で何を捨てれば良いのかも見えてくる。


 

アート作家×写真家リョウ

アート作家×写真家リョウ

1974年生まれ。大阪出身。現在は京都府宇治市でアート作家×写真家の活動をしています。Photoshopで制作するデジタルアート制作、ストーリー性を感じる人物写真、風景写真、雨の日写真の撮影をしています。2018年に京都で個展を開催。2019年に横浜赤レンガ倉庫でのグループ展に参加。2021年に奈良のクリエイターイベントに参加。現在はAI生成NFTアートを出品したり、芸術家のための理想の芸術生活の過ごし方をブログで発信中。

注目記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート作家×写真家リョウ

アート作家×写真家リョウ

1974年生まれ。大阪出身。現在は京都府宇治市でアート作家×写真家の活動をしています。Photoshopで制作するデジタルアート制作、ストーリー性を感じる人物写真、風景写真、雨の日写真の撮影をしています。2018年に京都で個展を開催。2019年に横浜赤レンガ倉庫でのグループ展に参加。2021年に奈良のクリエイターイベントに参加。現在はAI生成NFTアートを出品したり、芸術家のための理想の芸術生活の過ごし方をブログで発信中。

人気のある記事

  1. 1

    ストックフォト販売を始めてみた感想と、現在の状況を思いきって公開します!

  2. 2

    新時代のSNS「Lemon8」の厳選クリエイターになる方法

  3. 3

    「雨の日が好きになった」嫌いな雨の日を楽しく過ごす方法

  4. 4

    一眼レフの修理 | カメラのキタムラに修理に出したら丁寧に対応してくれた

  5. 5

    500pxとは? | 世界ハイレベルな写真が集まる写真公開サイトで写真の技術を身につける。

  6. 6

    面白いだまし絵。家族で一緒に楽しめるトリックアートの施設を紹介。

  7. 7

    ユニクロでオリジナルTシャツが作れる。実際に出品してみた感想を公開

  8. 8

    一眼レフの中古って正直どうなの?カメラのキタムラで中古カメラを購入した感想を公開

当ブログWordPressテーマ

最近の記事

  1. 京都国立博物館へ行った感想と芸術活動のアイデア探し

  2. ドリームキラーに惑わされるな!芸術家への夢をつぶす人の心理を理解して回避する方法。

  3. 自分の知らない情報をインプットするために人に会うことは大切だ

TOP