ストックフォト初心者が知っておくべき基本のルールと審査対策

アート写真
この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちは、京都のアート写真家リョウです。

写真家をしていると、撮影した写真でストックフォト販売を始めようと考えるようになります。

実際に僕は、2023年から下記の2つのストックフォトサイトに登録しました。

  • Adobe Stock
  • 写真AC

登録するのは簡単でしたが、写真の公開申請(いわゆる写真を販売する審査)で何度もつまずきました。

それでも諦めずに申請し続けたことで、写真の公開に成功することができました。

今回は、ストックフォトを利用した感想、ストックフォトの今後の需要、写真家リョウの現在の成績を思いきって公開しようと思います。

「実際にストックフォトの需要はあるの?」
「どこのストックフォトサイトがオススメ?」

という疑問にも答えているので、ぜひ参考にしてください。

Adobe Stockの特徴と報酬について解説

Adobe Stockとは、PhotoshopやIllustratorなどのアプリが有名な、Adobeが運営するストックフォトサイトです。

Webサイトの素材や印刷物に使う素材を、ロイヤリティーフリーで有料でダウンロード販売することができます。

写真だけじゃなくイラストやビデオ素材も販売することができて、現在では、約3億点以上の素材が販売されています。

Adobe Stockを利用するには、AdobeのCreative Cloudのサブスクプランに加入していることが条件となります。

Creative Cloudについては下記の記事の中で解説しています。

購入者は、30日間の無料体験中なら通常ライセンスの素材を10点までダウンロードすることが可能。

無料期間終了後は「月 / ¥3,828」の年間契約が必要になります。

販売者は、Adobeのサブスクリプションサービスに加入することで、Adobe Stockに写真を投稿することができます。

そんな写真を投稿する人のことを、Adobeでは『コントリビューター』と呼ばれています。

コントリビューターになることができれば、写真を投稿することができると言うわけです。

https://artryo.com/digitalart/wp-content/uploads/2023/04/artryo-hukidashi01.jpg
運営者リョウ

僕も2023年2月にコントリビューター登録をして、現在は自分の写真技術のテストを兼ねて撮影した写真を公開しています。

Art Photo Ryo | Adobe Stockはこちら

Adobe Stockの報酬

Adobe Stockで写真がダウンロードされたら、写真家にいくら入るのかについてご説明いたします。

Adobe Stockのサイトを見ると、以下のように記載されています。


画像引用元 : Adobe『ロイヤリティーの仕組み』より

さらに「Canon Image gateway」という記事には、次のように書かれていました。

原則的に顧客(写真を買ってくれた人)が支払った金額の「33%」です(顧客のライセンス方法によってロイヤリティ金額は変動します)。
引用元 : Canon Image gateway

根気強くステップアップして、どんどん審査に通る写真をアップしていくのが良いでしょう。

地道な仕事になりますが、ある程度知名度が上がってくれば、安定的に写真が購入される確率が高くなります。

Adobe Stockに向いている写真家

Adobe Stockに向いている写真家は、次のような人。

  • 向上心のある写真家
  • 審査に通らなくても諦めずに続けれる写真家

向上心のある写真家

何事にも前向きで、軌道に乗るまで諦めずに写真の更新を続けられる人。

ストックフォトに限ったことではありませんが、どんなことでも「やり始め」は先が見えず不安になって諦めてしまうものです。

ストックフォトも、結果が見えてくるまでには時間がかかります。

継続することで評価され、認知度が上がり、ファンが増えてきます。

審査に通らなくても諦めずに続けれる写真家

ストックフォトサービスで写真を販売するには、厳しい審査に通過しなければいけません。

審査に通らなかったから諦めるのではなく、審査基準をよく理解し、それに沿った写真で何度も挑戦すること。

最初は審査に通らないことも多いですが、諦めずに審査に通らなかった原因を分析しながら続けることが大事です。

逆にいえば、審査に通れば写真家へのスタート地点に立つことができるので、そこから認知度向上に集中することができるでしょう。

審査は何度でも挑戦できるので、諦めずに写真のスキルやストックフォトのスキルを磨いていきましょう。

Adobe Stockのメリットとデメリット

Adobe Stockに登録して、メリットだけではなくデメリットを感じることもあります。

ということで、Adobe Stockに登録するメリットとデメリットをまとめてみました。

Adobe Stockのメリット

Adobe Stockのメリットは、海外からも写真を見てもらうことができるところ。

自身が撮影した写真を世界に広げるチャンスにもつながります。

それに『Adobe』という有名ブランドのサイトで、自分の写真が販売されダウンロードされたという実績にもなって、企業からも声が掛かる可能性も高くなります。

Adobe Stockのデメリット

Adobe Stockのデメリットは、Adobeのサブスクの加入が必要になること。

毎月(毎年)サブスクの維持費が必要になります。

Adobeはアメリカが運営元になるため、写真家が得る報酬にはアメリカの源泉徴収が行われます。

なので「W-8 BEN」と言う資料の提出が必要になります。

W-8 BENとは、アメリカに住んでいない人が受益者であると言う証明になる書類。

と言っても、Adobeのコントリビューター(投稿者)登録をするサイトから、オンラインで申請することができます。

僕は、こちらの『映像知識のメモ帳』と言うサイトの『【AdobeStock】「W-8BEN」の書き方と書類提出までの流れ(日本語訳・記載例あり)』を見ながら申請したので、すぐに登録できました。

そしてここが苦戦した部分ですが、Adobe Stockに写真をアップするための審査が厳しいところ。

審査に通らなかった写真については、却下になった理由が添えられるので、どのように改善すれば良いのかを知ることができます。

僕の場合は「却下」された写真の方が多く、少し落ち込んでしまいました。

だけど、その理由を知ったことで自分の写真技術向上にもつながるので、チャンスと思って挑んでいます。

少しでも写真をたくさん公開しようとして過去の写真を審査に出しても、テーマが明確ではなく却下されてしまいます

現在はまだ数点の写真しか公開できていませんが、「却下」された原因を参考にAdobe Stock用の写真も撮っていこうと思います。

今まで撮った写真を投稿するより、Adobe Stockの基本を守りながらストックフォトに公開するための写真は、それ専用にテーマを決めて撮影する方が審査は通りやすいです。

初心者なら『写真AC』がオススメ

Adobe Stockは審査が厳しいところがデメリットで、1度審査に通らなかったら自信をなくしてしまうかもしれません。

そうならないためにまず、日本のストックフォトサービスで試してから、Adobe Stockの審査を申し込んでも遅くはありません。

そこで僕がAdobe Stock以外のストックフォトサービスを紹介するとしたら、「写真AC」をオススメします。

写真ACとは

写真ACとは、日本国内での利用者数が約900万人とストクフォトサービスの中では人気があり、フリー素材をダウンロードやアップロードできるストックフォトサイトです。

世界というよりは日本人が利用しやすい写真が多く、Adobe Stockと違って無料でダウンロードすることができます。

ブログに使う素材としてては使いやすいサービスだと言えるでしょう。

僕もAdobe Stockに登録した後、日本国内専用として写真ACにクリエイター登録をしました。

現在はまだ「10件」しか公開できていませんが、何度かダウンロードされていました。


画像引用元 : 写真素材|無料素材のフリーダウンロードサイト【写真AC】を写真ACでチェック!

Art × Photo RYO | 写真ACはこちら

写真ACの報酬について

写真ACで写真が1枚ダウンロードされると「3.25ポイント(3.25円)」。

人物なら「11ポイント(11円)」の報酬が加算されて、5,000ポイント(5,000円)貯まると換金することができます

写真ACのクリエイターの中には、毎月10万円以上稼いでいる人もいて、Adobe Stockに比べると副業しやすいストックフォトサイトと言えるでしょう。

写真ACに向いている人

写真ACに向いている人は、企業からの依頼が欲しいと思っている人がアピールをする場として考えている人。

写真ACは、900万人を超えるユーザーが利用していて、一般から企業ユーザーまで幅広く利用されています。

そのため、写真技術をどんどん磨けば、有名企業からのお声がかかる可能性も上がります。


画像引用元 : 写真素材|無料素材のフリーダウンロードサイト【写真AC】を写真ACでチェック!

もちろん写真ACのサイトに記載されていることなので「登録させるための宣伝だろう」と思う人もいるでしょう。

だけど写真ACに限らず、どんなサイトでもまずは「人が集まる場所に行くこと」が大事です。

個人でビジネスをする上で大切なのは「集客して見込み客を増やす」こと。

人が集まる場所へ行き、あなたが提供する商品やサービスの「需要」を作って興味をもってもらうこと

それが、商品購入につなげるコツなんですね。

写真ACのターゲットイメージ

写真ACのターゲットイメージは、日本国内に住んでいる一般の人。

日本国内の企業がメインターゲットになります。

また、ターゲットという意味ではありませんが、写真ACには約10万人のクリエイターが登録されています。

同業者とのつながりもできるため、ビジネスパートナーを作ることもできるかもしれません。

写真ACのメリットとデメリット

それでは簡単に、写真ACに登録するメリットとデメリットを紹介します。

僕自身も写真ACに登録して感じたことなので、とても参考になるかと思います。

写真ACのメリット

写真ACのメリットは、誰でも無料で写真素材が無料でダウンロードできるので、ダウンロードがされやすいこと。

当然、質の高い写真をアップロードすることが前提ですが、Adobe Stockと比べると審査は通りやすいと感じました。

どのストックフォトサービスでも基本は同じで、以下のようなことを意識しながら写真を撮ることが大事です。

  • ピントが適正
  • 構図のバランス
  • 適正露出
  • 加工しすぎない
  • 使いやすい写真
  • ノイズが少なく高画質
  • オリジナリティーがある

そうすれば、どんどん写真をアップロードすることができて、素材が豊富なクリエイターとして興味を持ってもらうことができます。

僕はまだ写真を10件しかアップしていませんが、これからどんどん素材を増やしていこうと思います。

Art × Photo RYO | 写真ACはこちら

写真ACのデメリット

写真ACのデメリットは、次の3つ。

  • 写真をアップしてから審査結果が出るまで少し時間がかかる
  • 競合が多く露出を増やす工夫が必要
  • 報酬が低め

「ガッツリ、写真ACで稼ごう」と言った人には向いていません。

影響力があって有名な写真家にでもならない限り、ストックフォトで稼ぐことは難しいです。

なので、ストックフォトは「副業」と考えておかなければ、ダウンロードされなくなった時に辛い思いをすることになります。

せっかく好きで始めた写真ビジネスなのに諦めてしまうかもしれません。

まずは写真撮影の依頼に集中して、空いた時間に写真をアップする程度に考える方がいいでしょう。

ストックフォトを利用する人をイメージしよう

ストックフォトを始めるには、ストックフォトを利用する人の状況をイメージすることが大切です。

先ほど、Adobe Stockで写真をダウンロード購入するために「Adobeのサブスクプランに加入することが必要」だと言いました。

僕の場合は、PhotoshopとLightroomがセットになった「フォトプラン」に加入しているので、そのままAdobe Stockを利用することができています。

もし加入していない場合は、先にAdobeのサブスクに加入しておきましょう。

https://artryo.com/digitalart/wp-content/uploads/2023/04/artryo-hukidashi01.jpg
運営者リョウ

加入方法については下記でくわしく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

少し話がそれましたが、Adobe Stockを利用する人は、ブログ運営者、企業、Webデザイナー、紙媒体をデザインする人など。

職業でいうと『デザイナー、写真家、クリエイター、ブロガー、企業』がい多い印象です。

と言うことは、ビジネスのために写真をダウンロードする人が多いといういことになります。

ターゲットをイメージする

Adobe Stockのターゲットをイメージしてみると、仕事のためにAdobeのサブスクに加入している、個人、フリーランス、企業がターゲットになります。

写真の使用用途は、サイトに使用する素材だったり、YouTubeにアップするWebCMの動画素材だったり、収益ブログに使うサムネイルのイラスト素材。あるいは、印刷物に使用する素材になります。

と言うことは、企業のサイトをよく見てどのような写真が使われやすいのかをリサーチすることが、ダウンロードされやすい写真を作るポイントだと言えます。

基本的には被写体を中央に配置し、余分なものが入っていない余白の広い写真が好まれる傾向にあります。

そのような写真にオリジナリティーを掛け合わせれば、どこにもない魅力的な写真素材として好まれるかもしれません。

まずは、ターゲット、リサーチ、テーマ決めに集中することが重要だと感じました。

ストックフォトの基本ルール

ではここで、ストックフォトサイトで写真を販売するための基本的なルールと、審査に落ちやすい写真について解説したいと思います。

Adobe Stockでも写真ACでも基本は同じなのですが、運営している会社や国の違いもあるため「写真ACでは通ったのにAdobe Stockでは不合格」となる写真もあります。

https://artryo.com/digitalart/wp-content/uploads/2023/04/artryo-hukidashi01.jpg
運営者リョウ

写真の基本的な技術については下記で話しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ストックフォトは何度かアップロードして、そのサイトの癖を覚えていくしか改善する方法がないのです。

まずはこれから話すストックフォトの基本を身につけるようにしましょう。

ピントは適正か

写真で仕事をする上で基本になることが、個人で写真活動をしていると意外とピントに意識がいっていない場合が多いです。

背景をぼかす場合は、被写体の輪郭が鮮明にわかるくらい『絞り(F値)』を調整して、手ブレや被写体ブレが起こらないような『シャッタースピード』を意識しましょう。

屋外で撮影する場合のシャッタースピードは『1/500』で、少し暗い場所だと『1/200』くらいを目安にすると手ブレも被写体ブレも防ぐことができます。

適正露出で撮影されているか

「適正露出」とは、明るすぎることもなく暗すぎることもない、その時の環境に適した明るさで撮影された写真です。

一眼レフのファインダーをのぞいてシャッターを半押しすると、ファインダー内に表示されるメモリの中央部分の「▼」印にカーソルが合っている状態。

「中央に合わせれば100%適正」というわけではありませんが、この中央にカーソルを合わせるのを目安に撮影してみてください。

もしそれでも明るすぎると感じた場合はカーソルを1段マイナスにし、暗いと感じたら中央から1段プラスにすると明るさを補正することができます。

「レタッチで補正すればいいんじゃない?」と思いますが、できるだけ撮影時に補正する方が写真が高画質に撮ることができます。

綺麗な画質で撮影されているか

高画質の写真を撮ることもストックフォトの審査に通る重要なポイントです。

ですが、先ほどのシャッタースピードだと暗くなってしま場合があります。

例えば、室内で撮影をする場合です。

室内で撮影をする場合は、ストロボを使用したり、三脚に取り付けて「ISO100、シャッタースピード1/60」などで撮ると高画質な写真を撮ることができます。

ストックフォト用の写真は、できるだけ自然光で撮れる屋外がオススメです。

自然光だと柔らかい光なので、素材として使いやすいんですね。

ホワイトバランスは合っているか

ストックフォトの目的は、素材をダウンロードする人にとって加工をしやすい写真にすること。

作品撮りやポートレート撮影、作品展に出展する写真のように、自分らしい色を出してしまうと、相手に使いにくい写真と思われてしまいます。

作品を販売するのではなく、使いやすい写真素材を提供することを意識して、作品撮りとストックフォトの区別した撮影をするようにしましょう。

著作権・肖像権に違反していないか

ストックフォトに写真を公開する場合は、企業の看板やロゴ、誰かを特定できるような他人の顔が写っている写真はNGです。

看板の場合は自然な風景になるように消して、人が写る場所では撮影をしないようにしましょう。

モデルを撮影してその写真をストックフォトに公開する場合は、モデルリリースの提出が必要です。

モデルに許可を得ずに、無断でストックフォトに写真を公開するのはトラブルの原因となって、信頼を失ってしまいます。

もしストックフォトに公開するための写真を撮るなら、モデルリリースへの記入に同意をしてもらったり、事前にモデルに相談してから撮影をするようにしましょう。

2023年3月時点の僕の状況を公開

それでは2023年2月から始めた僕のストックフォトの現状を公開します。

が、僕がAdobe Stockと写真ACを始めた目的が、今後の写真ビジネスの仕組み拡大させるための下準備なので、まずはクリエイター登録をすることです。

写真をアップロードしようと決めたのに、そもそもクリエイター登録の審査が通らなければ意味がありません。

なので、先にクリエイター登録を済ませることを第一に考えて登録をしました。

もちろんそのまま放置にするわけではなく、空いた時間に一気に写真をアップしていこうと考えています。

それに僕の場合、Adobe Stockと写真ACとではターゲットが違うので、そこを踏まえて現在の状況をお伝えしますね。

Adobe Stockの現在の成績

2023年3月現在の僕の公開状況は以下の通りです。

  • 写真公開申請枚数「39枚」
  • 却下された枚数「21枚」
  • 公開できた枚数「18枚」

となっています。

写真公開申請枚数は、これまでに写真公開のための審査の申請に出した写真の全ての枚数が「39枚」。

その中で技術的な問題や、加工のしすぎで却下になった写真、つまり審査に通らなかった写真の枚数が「21枚」。

審査が通った、つまり公開しても問題ないと認めてもらえた写真が「18枚」となっています。

却下された写真が「21枚」というのは僕も納得していて、却下された写真はそもそもストックフォトに公開することを目的に撮った写真ではなかったんです。

試験的にアップしてみたものの目的がストックフォトのためじゃないため、構図や露出がストックフォト向きではないのが却下の原因でしょう。

写真ACの公開状況

写真ACも、Adobe Stockと同じ時期にクリエイター登録をししました。

ですが写真ACの方にアップするのが少し遅かったので、現在、申請した写真の枚数は現在10枚です。

10枚公開申請を出して全て公開申請が通り、定期的にダウンロードされていました。

下記が僕の管理ページ(マイページ)に届いた、ダウンロードされたお知らせです。

※2024年5月現在

画像引用元 : 写真AC | Art×写真家リョウのマイページより

中でもよくダウンロードされているのがこちらの写真。


画像引用元 : 写真AC | Art×写真家リョウの作品より

写真ACの審査期間は約2週間ほどかかりましたが、Adobe Stockに比べると、審査が通りやすくてダウンロードされやすい印象があります。

ダウンロードされやすい理由として、写真ACは無料でも利用者登録ができて、月に10回程度ダウンロードすることができて利用しやすいところでしょう。

写真素材|無料素材のフリーダウンロードサイト【写真AC】を写真ACでチェック!

最後に「ストックフォトの心構え」

今回は、僕が現在登録している2つのストックフォトサイトについて感じたこと、さらに僕の現在の成績を恥ずかしながら公開してきました。

本来はストックフォトを中心に写真家の活動を考えていましたが、現実はそんなに甘くないので、お小遣い稼ぎとして利用しています。

だからと言ってストックフォトに価値がないわけではありません。

ストックフォトで写真を公開できたということは、それだけ写真撮影のスキルを持ってるということの証明になるので、写真家の活動のモチベーションにつながります。

ただ登録して思ったことは、どんなストックフォトサービスを利用するにしても、写真を販売する心構えは大切だということです。

ストックフォトは、写真のクオリティーが高いからダウンロードされるという世界ではありません。

ストックフォトを始めるために重要なことをお伝えすると、下記のような感じになります。

ストックフォトを始めるための心構え

  • 写真を購入する相手の姿を明確にする(ペルソナ設定)
  • 基本的な写真の技術をしっかり勉強する
  • 「ダウンロードしたい」と思ってもらえるような仕組みをつくる
  • テーマを決めてストックフォトの写真を撮影する
  • 需要のある写真を撮るのではなく、撮った写真の需要を作る
  • 著作権・肖像権などの知識を身につける

これはどんな仕事でも必要なことなのですが、個人で仕事をしていると忘れていることがあるんですよね。

ぜひあなたも「自分なりの心構え」を作ってみてください。

きっと、写真家としての活動のモチベーションに繋がりますよ。

お知らせ

  • 2024.06.16 / 新着2024年11月23日(土)1日2組様限定で東京出張写真撮影のご依頼を募集します。お申し込み受付は7月31日まで。詳しくは下記リンク先のサイトをご覧ください。写真撮影 東京出張
リョウ

リョウ

アート写真家。1974年生まれ、大阪出身。現在は京都府でアート写真家の活動をしながら芸術家を目指す人へ理想の芸術生活の過ごし方について提案しています。2018年に京都で個展を開催。2019年に横浜赤レンガ倉庫でのグループ展に参加。2021年に奈良のクリエイターイベントに参加。現在はAI生成NFTアートについても研究中。

注目記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

リョウ

リョウ

アート写真家。1974年生まれ、大阪出身。現在は京都府で写真家の活動をしながら芸術家を目指す人へ理想の芸術生活の過ごし方について提案しています。2018年に京都で個展を開催。2019年に横浜赤レンガ倉庫でのグループ展に参加。2021年に奈良のクリエイターイベントに参加。現在はAI生成NFTアートについても研究中。

リョウのストックフォトサイト

写真家リョウのストックフォトサイト

人気のある記事

  1. 1

    ストックフォト初心者が知っておくべき基本のルールと審査対策

  2. 2

    ユニクロでオリジナルTシャツが作れる。実際に出品してみた感想を公開

  3. 3

    一眼レフの修理 | カメラのキタムラに修理に出したら丁寧に対応してくれた

  4. 4

    【Lemon8】新時代のSNSで厳選クリエイターになるまでの道のりを公開

  5. 5

    500pxとは? | 世界ハイレベルな写真が集まる写真公開サイトで写真の技術を身につける。

  6. 6

    芸術家支援企業からのオファー | 断るか受けるかの判断はどこでする?

  7. 7

    面白いだまし絵。家族で一緒に楽しめるトリックアートの施設を紹介。

  8. 8

    優れた作品を生み出す芸術家が孤独だと言う本当の理由。

最近の記事

  1. 雨の日もオススメ!東京銀座のアートアクアリウム

  2. 「好きなことで生きていく」って言う本当の意味を理解してる?

  3. 【写真は健康に良い!?】写真の撮り歩きをすることで健康な体になる

TOP